topimage

■小林桂(Kei Kobayashi)

 

1979年5月9日東京・新宿生まれ。祖父はジャズ・スティールギタリストの村上一徳、父はジャズ・ピアニストの小林洋(よう)、母はジャズ・ヴォーカリストの村上京子という音楽一家の環境に生まれ育つ。3歳の頃に観たデューク・エリントンのレヴューショーに感銘を受け、この道に進むことを決意。

5歳より習い始めたクラシックバレエでは多くの最優秀記録を残し、様々な舞台出演、ミュージカル主演などを経験。中学の吹奏楽部でドラムを始めたことをきっかけに、より音楽にのめり込む。

16歳より都内のジャズクラブでドラマー、ヴォーカリストとしてライヴ活動を開始、数多くのミュージシャンと共演。

17歳、阪神淡路大震災のチャリティーアルバムにてヴォーカリストとして初のCD「K列車で行こう/17才のジャズ」をリリース。被災した高校生のビッグバンドと共演。
翌年には初のリーダーアルバム「18/P.S.I Love You」を発表、話題となる。

20歳、ミュージカル「ミラクル」(原作・辻人成、音楽・宮川彬良)の主役に抜擢、主演。
同年、スイングジャーナル誌人気投票男性ジャズ・ヴォーカリスト部門1位に輝き、アルバム「ソー・ナイス」 (somethin’else / EMI)で「日本が誇る20歳の天才ヴォーカリスト」の呼び名でメジャーデビュー。
同誌ゴールド・ディスクほか、日本ジャズ・ヴォーカル大賞、ジャズ・ディスク大賞、日本ゴールド・ディスク大賞、文化庁主催芸術祭レコード部門優秀賞等、数多くの賞を受賞。

2001年、NYブルーノートに自己のグループ率いて最年少出演。
同年、アニメ映画「メトロポリス」(原作・手塚治虫、脚本・大友克洋)にて主役ケンイチの声優として抜擢。
同年、神宮球場ヤクルト−巨人開幕戦セレモニーにて、「君が代」独唱。また翌年東京ドームで行われた日米野球2002開幕戦にて、父・小林洋のピアノ伴奏で「君が代」独唱という偉業を成す。

2002年にはマルイ・メンズブランド「ビサルノ」にてファッションモデル、2012年には「トミー・ヒルフィガー」にてファッションモデルを務めるなど、幅広い業界から注目を集める。

25歳までに100曲を超えるスタンダード楽曲を録音し、ジャズ・ヴォーカルブームを牽引する存在に。

2010年自己のレーベル「twinKle note」をポニーキャニオン内に立ち上げ、多くのリリースを重ね、現在に至る。
ジャズスタンダードの伝道師として、原曲の美しさを活かす曲解釈、またスキャットでミュージシャンと対等にインプロヴァイズして行くヴォーカル・スタイルは幅広いリスナー、ミュージシャンから支持されている。

受賞歴

2000年
日本ジャズ・ヴォーカル賞大賞受賞

2001年
スイングジャーナル誌主催ジャズ・ディスク大賞ニュー・スター賞受賞

2002年
スイングジャーナル誌主催ジャズ・ディスク大賞ヴォーカル賞受賞
日本ゴールド・ディスク大賞JAZZ ALBUM OF THE YEAR受賞
文化庁主催 平成14年度芸術祭 レコード部門 優秀賞受賞

2003年
スイングジャーナル誌主催ジャズ・ディスク大賞ヴォーカル賞2年連続受賞


TVCMソング

資生堂アスプリール
資生堂ピエヌ
ルノーメガーヌ グラスルーフ カブリオレ
ビー・スリー 魔法のパンツ
サントリーウィスキー・トリスクラシック
株式会社クルーズ

TVテーマソング

TBS系「ブロード・キャスター」オープニング・エンディングテーマ2年間
NHKドラマ「行列48時間」エンディング
テレビ朝日系 「ポータルANNニュース&スポーツ」オープニング